お江戸目黒

唐突ですが、目黒、好きです。

僕の存在を受け入れてくれている街ですから、当然ですね。


その土地を思う時、「昔の人はどうしてたのかな~」、なんて考えます。

ワタクシ、お化けは全く怖くないのですが、
つまりオカルティックな話ではないのですが、
昔の人達に思いをはせて、
人達の存在、息吹を感じれる気がして、、、
妄想が強いんですかね(笑)。

昔の絵を照らして、お江戸にトリップしてみました!

hokusai shimome
葛飾北斎 下目黒 (トリートは下目黒です。 上と中もあります)
大きさが違う対象毎に何層にも見える、すごい絵だと思います。

目黒は江戸時代、ちょっと郊外の田園地帯で、
殿様が鷹狩に来ていたり、
ハイキングも兼ねて目黒不動に詣でる町民で人が往来していたようです。

歌川広重目黒太鼓橋 ※現在の下目黒1丁目 行人坂下-392x600[1]
歌川広重 目黒太鼓橋 (雅叙園のたもと)

橋は今まで何度架け替えられたのでしょうか、、
治水もない時代は暴れ川だったとか。
当時は普通に流れる川だったようですね。
現在は運河としての利用の為に川面はかなり掘り下げられ、
海抜0mとなっています。

お不動帰りの参拝者が通る橋ですが、
この橋からつづいて行人坂という急な坂があります。
トリートのある下目黒2-1ブロック沿いの坂です。
坂の向かいには、
「八百屋お七」と 「江戸三大火事(浅草まで燃えた)」
の出火元と伝わる「大円寺」があります。

、、、浅草まで燃えたってことは、
当然トリートのある場所も燃えたでしょうね、、、

古地図
当時に近い地図で見てみましょう。〇印が大圓寺(現在は大円寺)

下目黒地図
☆印がトリートのある場所です。
うーん、上覚寺というお寺の敷地内あたりですかね~?(笑)
右下が目黒駅、左上に目黒川と太鼓橋があります。

広重 行人坂 1864刊
歌川広重 行人坂 富士

最後は広重の絵で。

地元のタモリさんの番組(ブラタモリ・目黒回)の
エンディングでもやってましたが、
行人坂を登り切った場所、今目黒駅があるとこですが、
江戸の人達はここで不動巡りの帰りにお堂を振り返り、
富士と合わせた絶景を楽しんだそうな。

富士山、
今でも天気の良い冬の日などは、よく見えるんですよ。


オステオパシー施術院トリート



スポンサーサイト

西沢渓谷

ちょっと前に急に登山がしたくなり、
時間が無いので新宿のビルの登り、
なんだかダメな感じになった記事を書きました(笑)。

今回は本物の山に行ってきました  。

新宿から二時間強、山梨市駅からレンタカー。
西沢渓谷というところです。
友人が一人で行くというので、僕も乗っかりました。
結果、すごくよかったです。ラッキー。

IMG_5415.jpg
緑!緑!みどり。 新緑が目にやさしいです。空気もおいしい。
奥に望むは鶏冠(とさか)山。百名山ですが、
今回はお気楽トレッキングなのでスルー。

IMG_5408.jpg
滝がすごいんです。 山頂に向かうあいだ、
無数の滝と清流が楽しませてくれました。
 
IMG_5405.jpg
ずーっと川ぞいに歩く感じが、
屋久島での時間にタイムトリップさせてくれました。
今度帰ってみようかな。

IMG_5389.jpg
、、、保冷剤が重かったですが、キンキンです(笑)。

IMG_5433.jpg
家で食べるより何倍かおいしいラーメン、、、
というか最近家ではあまり食べないな(笑)。

トレッキング、流れる空気と景色の中に居ること、
本当に良いと再確認しました!
帰ってきてからも、
登山をされるクライアント様に色々聞いています
これ以上趣味が増えたらまずいという気もしますが。。。(笑)

また夏に、色々行きたいとおもいました。


オステオパシー施術院トリート

Be like a Panda?  平和を祈るとき

国際政治の話に興味の無い方はスルーして下さい。
(長文です。持論展開系です。)

Be like panda (2)

数年前にソーシャルメディアでみかけた投稿

人種偏見を無くそう
パンダであれ

・彼は黒人であり

・白人でもあり

・アジア人でもある

広義では少数民族を含めた人種偏見放棄を呼び掛けた、
銃を持った強烈なメッセージです。

銃に頼っているのはまだまだケツが青いけど、
パンダというかわいい愛されるキャラによって、
面白いメッセージだと思いました。

僕自身は
人種偏見は、幼さや無知、自身のコンプレックスからくると考えています。
正直に言うと
精神的な幼さなどから自らそのように感じていた時期があるから、、、
今そういう発想にたどり着いています 
いじめや差別、もちろん無くすべきですが、
「本能的な部分がある。」
そこを認めるところから始まると、思っています。

交通、経済文化的交流が進む現代以降の社会において、
あともし1000年も人類が続けば、人種はどんどん統合されて、
暴力の根拠となる帰属性ももっと良いほうにシフトして、
もしかして平和な世界になるのかな?、なったら素敵だなとか、
たまに妄想しています。妄想、夢の世界ですが、
海外出身の友人と話したこと、良い思い出としてあります。
彼女は「1000年もかからないわ」って言っていました。

、、、もっと根深い問題として、人種が混ざったとしても、
現在も戦争を起こしているのはヒトの「神(一神教)にすがる心」なので、
1000年なんかじゃ、、、きっと、、、。


世界中の人が聞いたジョンレノンの「イマジン」の歌詞は、
残念ながらほとんどのアメリカ人(彼が活躍した場所)、
イギリス人(彼の母国)の耳に届かなかった。

「武力によりテロを撲滅」という
「有り得ないファンタジー」をエサにメシを食っている人達がいる。
コングロマリット、軍産複合体。
直接武器商人ではなくても広義で言えば、
クラスター爆弾開発に資金提供した
〇菱UF〇や〇友銀行なんて具体例ですね。

なんでしっかり教育を受けているばずの先進国の国民も、
日本で育った人も、平気でそんな
「武力によりテロを撲滅=平和」
だなんて毒々しい疑似餌に食いつくのか不思議です。
憎しみは憎しみを生むことは、学んでいるはずです。
軍事産業ほど一部のサイコパス達に巨額をもたらす甘い蜜は無いのに。

イスラムの世界で、
いわれのない 「テロ撲滅だ!」 なんて言われて、
目の前でアメリカのドローンに家族を殺された子は、どうします?
職業軍人がポップコーンを食べながら安全な遠隔操縦で、ポチっと。
平和を願っていたひと、
オクラ農園で作業していた自分のやさしいおばあちゃんを殺されたら?
自分の成長を願ってオクラを収穫していたおばあちゃんを殺されたら?
(ナビラ・レフマンさん)

あなたなら?   

まあ、、、とりあえず忘れて楽しくハッピーに生きますか?

黙って「欧米の皆様、自分が悪かった」と、おとなしくなりますか?
なりま、、、せんよね?

このままではテロは無くならない。
911のブッシュの宣戦布告以降のデータが示す通り、
確実に増えていく。 大人ならわかるはず。
気が付いている一般市民が増えないことには、はじまらない。

そして僕が言いたいのは、
わざわざ日本で生活している人がその産業に乗る必要は無いんです。

日本の国防、経済は欧米の配下にあるので当然ですが、
戦争当事者でないはずの日本においても一方的な欧米寄りの報道。
なぜフランスのテロは大騒ぎしたのに、
インドネシアで同じテロがあったのに殆ど報道されなかったのでしょうか?
ジャカルタ テロ
死傷者はフランスより少ないものの、
当日テレビでは結局このニュースを目にしませんでした。
僕は何人かの海外もしくは国内の友人とこの話をしましたが、
肩をすくめるだけです、よくわかっているから

あんまり多くは言えませんが、、、
イスラム教徒へのキリスト教徒の迫害の歴史は、
少なくとも日本で生活している人達は知っておいたほうが良いと思います。
原理キリスト教的な価値観を、ここ日本に住んでいる人まで、
「軍事的には依存はしていますが経済でしっかり返している。
つまり奴隷では無いので」
真似する必然は本来無いと僕は思っています。
自分の頭、感情で生きていいんです、顔を上げていいんです。

中国や北の脅威はどうすんだと言う人が居ると思いますが、
僕自身は、彼らを追い込むに至ったのはそもそも何か?
日本政府は世界にどう貢献すべきだったか、してきたか、
今後すべきかを、腹を割ってまず話しあう状況まで持ってゆく努力
をしたほうが良いと考えています。
そもそも平均的な世界の人々がしっかり労働すれば、
世界は貧困や戦争を元々必要としないはずだと、
僕は信じています。お花畑的かもしれませんが。
極論ですが、
韓国で「AI(コンピュータによる人工知能)に政治やらせたら」
というシンポジウムがあったようですが、
的確な指示さえ与えたら、今より良くなる可能性はかなりありそうです。

結果的に残念ながら現状は武力は必要であることを否定しません。

(人それぞれ意見があって、自分が常に正しいと思っていません。
 今の自分の意見です。)


僕はキリスト教徒、元キリスト教徒、イスラム教徒、神道、仏教他、
友人が居ます。彼らのことを信頼していますし、
共に歩んでゆきたいと思っています。

様々な価値観を自分のものにしたいですね。パンダみたいに。

IMG_5254.jpg
お気に入りのトートバッグ。



オステオパシー施術院トリート










頭と手をうごかすって、たのしい


初夏、いい季節ですね

トリートの窓をガバっとあけて風を通し、色々、メンテナンスしました。

タイミングが重なり、ここ2カ月くらいで、

網戸がやぶれ!
トイレの水が止まらなくなり!
8年使った洗濯台が分解し!
時計のフックが折れて落ち!
ブラインドの昇降ヒモが切れバラバラに!
あと、、なんだっけ?(笑) 色々、、。

omg17.jpg

こんなことが重なると、「ついてない、、、運気が悪いのかな」
なんて思う人も多いかもしれませんが、
何かのせいにして迷うだけ、どちらにせよ不幸になるので、
ついていようがついていまいが前に進むしかないので、
大人はたんたんと取り組むだけです 
そして、明るく、楽しみながら!

amido7.jpg
出来るかな~?とか考えている時間が一番無駄だし、疲れますね。
取り組んでしまえば誰にでも簡単にできます。
今回バタバタっと壊れた部分は、全部サクサクっとなおしましたよ。

特に男性脳に多い傾向があると思うのですが、
「構造を把握して、考えて、問題解決してゆく」のは、
人類にとっては本来、快楽だと思います。楽しい。
そうやって進化してきたのですから。
これって、オステオパシーと全く同じなんですよね、、、

小学生の頃、パンクした自転車の修理を父親に教わりました。
自然と、「男子たるものこれが出来ないと一人前にはなれない」
と、思って一生懸命覚えました(年数回はパンクしてました)。
タイヤチューブの表面に石鹸水を塗って、
プクっと気泡が出来たとこに空気漏れを探すのですが、
「チューブの穴をふさいだらおしまいではなく、
穴があった場所の外側のタイヤにトゲが刺さってないかも見なさい」
と教訓をもらいました。
症状だけではなく、その原因を見る、、、、、まさにオステオパシー。

そういえば、ルーツである父の父、
爺さん、浅草の萩原銀三郎は「大日本自転車」勤務でした。。。
だから兄も僕も自転車好きなのか、、、。


eacon17.jpg
ついでに季節的にエアコンも丸洗い。プロがやる方法、全部やります。
プロよりも丁寧に。少し面倒だけど、これもキレイに出来ると楽しいです。


kyouikuen17.jpg
ご近所の白金自然教育園、みどりがモリモリです。

やるべきことをすると、気分がスッキリします。
適当に掃除機をかけるだけでも、
かなり精神衛生に良いと、ある哲学者が言っていました。
まず身の回りのことから。手と頭をうごかして。
良い季節、たくさん深呼吸して、感じてゆきたいですね。


オステオパシー施術院トリート



ヨガ!

5月。
おかげさまで、仕事は大好きなので、五月病とは無縁の私、

花粉は(まだ!)人によってはつらいですが、
寒くなく暑くなく、気持ちの良い季節ですね。

「気持ちよく過ごす」、のは、休んでいるばかりではなく、
能動的に気持ち良い時間を作っていくのも良いと思います。

「アクティブレスト」、心身を休ませるには、
たまったストレスや精神的疲労を、空間や会う人を
変えて楽しく過ごすことによって解放してゆく。。。


わたくしはさいきんヨガ、はじめました。

ご縁を頂いたのはこの方

akanumanaomi[1]
赤沼直美先生

ヨガとは関係なく出会ったのですが、お話をしていると、
とてもパワフルで魅力をもっている方だと思いました。

本人は本当に気さくに話される方でしたが、
周りの先生に聞いたら、、、すごいヨガの大先生でした、、、

国内最大のイベント、ヨガフェスタ(今年はハワイ)
では、有名講師陣のおひとりとして出ていますし、

ヨガマット最高峰のマンドゥカ
のプラチナムアンバサダー、

有名フィットネスチェーンでヨガプログラムを担当

NIKEインストトラクター

武道館など様々なイベント、、、

16807249_1229327500450278_8155629851992502576_n[1]

そして実績だけではなく、解剖学ひとつとっても大変詳しく、
大変勉強熱心な方なんです。

解剖学、触診、、、、話は盛り上がり、

先日、青山にあるヨガスタジオ・ビューラにて、
手技療法家からの視点による解剖学、触診の勉強会をさせて頂きました。
beaura.png

ビューラ(Beaura)のインストラクターの方々、20名にご参加頂き、
はじめちょっと緊張しましたが、楽しく、
いい時間を過ごすことができました。
僕から向かって左が赤沼先生、右が岡幸代先生。
他の先生方も多くの教え子、ファンの方を持つ先生方です。贅沢。

生意気なことを書くと、
以前にもいろいろと講習の話を頂くことはありましたが、
今回はこちらの先生方の素晴らしさに共感出来たので、
是非ということでこのようなイベントをさせて頂くことができました。 

17629765_1263791040337257_8580274198968179871_n[1]
青山から代々木公園方面に開けた景色はとても贅沢です。
おしゃれアレルギーのある僕ですが、
インストラクターの方はみなさんとても気さくですので、
ほっとできました。おすすめできます。
素敵アレルギーの無い方ももちろん(笑)、とっても素敵な所です。

手技療法と運動(ストレッチやトレーニング)は両輪だと思っています。
トリートにおいても僕のスキルアップと共に的確な指導が出来れば
良いですね。楽しく、学んでゆきたいです 


オステオパシー施術院トリート









桜のシーズン 2017

今年の桜はゆっくりペースでしたね。

ご近所の川沿いにある桜は年々人気が上昇。

海外から見に来てくれている方も増え、うれしいです。

が、タイミングが難しいですね。自然のものなのでしかたありませんが。

41 一分咲き
満開予想が出ていた4月1日撮影、ウソのような沈黙ぶり、、、

47 八分咲き1
4月7日、5分咲き、、、遅い。

年によっては咲いたその週のうちに満開になり、
そして翌日に雨風でなくなってしまうこともありますね。
長く楽しませてもらえるのはうれしいことです。

そしてやってきた4月10日、狙いに狙ったその日、

桜メインロード
あれれ、、カヌーが、、、
写真を撮影している人の目線もおかしくないですか?

花と私(笑)l
こんなことになっていました! はい。わたくしです。

「こんなところでカヌー漕いで大丈夫?」と聞かれることがありますが、
まずはじめに、「誰にも迷惑をかけていない」。これが大前提。
(→ほとんどの人が笑顔になってくれます。100人以上と手を振りました。
そして、法律的にも今のところ日を選べば大丈夫なのです。 

もちろん法律が守ってくれないということは、自己責任です。
今回のメンバーは、雪山、海、川、などそれぞれですが、
アウトドアの世界で生きてきたメンバー。
ちなみに私にとっては、
20代の仕事の軸は海でのカヌー(シーカヤック)でした。


桜絨毯
スタートの運河(海)から8キロ地点、
もうすぐトリートの近所まで見えてきます。
前日の雨で花びらが浮いていてこれもまた綺麗。
カヌーに乗せてデコりました(笑)

aruko l
雅叙園のわき、アルコタワーの横。枝垂桜の紅が目をひきます。

集合l
おじさん達、終始はしゃいでました。
コドモに帰る瞬間を大事にしている人達。

全員集合l
プロカメラマンの野川かさねちゃんが集合写真を撮ってくれました。
彼女のこだわりのフィルム撮影分の現像は間に合っていないので、
これはデジカメです。

地元の夕凪
花を見てダンゴを食べ、、、居心地がよいのでこんな時間に。。。

提灯とアルコ
この時期だけの提灯がいい感じ
この岸からトリートまで走れば一分(笑)

月と街
五反田の街を抜けて海に帰ります。
大崎のビル群から顔を出した月も大きく、
アーバンカヤックを盛り上げます。


3日あけて4月13日

定点l
いつものところから。
こんなに気にして見ていた年は無いので、
「おつかれさま」という感謝が湧いてきました。

センターよりl
まだまだキレイですよね。

センター2l
我ながら良い感じの写真、、一眼レフでいい感じ、
ブログ用に画素数を何十分の一にしています。

センター3l
葉桜! 実は大好きなのです。 命がグググっと頭をもたげて開く感じ。
暖かい季節のはじまりを告げてくれています。


おまけ

一緒に漕いだエリートデザイナー、まっちゃんが動画撮ってくれました。
被写体がこのブログにふさわしいか、、、?
僕がおしゃべりすぎなのが気になります。。。


オステオパシー施術院トリート

花粉酔い

(今回も長文です)

花粉とんでますね~。

花粉症の症状として注目されるのはくしゃみ、
鼻水、目のかゆみなどですが、

僕の場合一番きついのが「消化管(食道、胃、腸)の炎症」です。
オステオパシーで人体を勉強したのですごく理解が出来るのですが、
意外と知らない人は多いようです。

お医者さんでも知らない人は多いですが、
自覚されていない方でも、
花粉症対策にはけっこう重要なのではと思います。

実際の僕の感覚で起こる症状として、
・だるい、疲れやすい
・なんだかイライラする、集中力が下がる
・腹部膨満感、前胸部に不快感、胸のつかえ感
・くだしやすい
など


これらの症状で書く今回のタイトルの「酔い」は、
お酒などの気持ち良い酔いではなく、
「乗り物酔い」「地震酔い」「宇宙酔い」などの「酔い」ですね。

87歳のクライアントに初めて教えてもらった言葉ですが、
「木の芽時」(キノメドキ、コノメドキ)という言葉があります。
春先、木の芽がでてくる頃に、
心身に不調が表れやすいから気を付けようという先人の知恵ですね。

春は体調が優れなかったり、変な人も増えますが、
理由としては寒暖差に加え、「杉だけではなく色々な」花粉が飛び始め、
消化管へのストレスがかかることも理由の一つではと、
内臓の状態は心理面ともダイレクトに影響しあうものだし、、、
と、僕は思っています。
そうすると「木の芽時」という言葉が
すごく自分ではしっくりと来るのです。

花粉が目や鼻の粘膜を刺激し炎症を起こしているのだから、
消化管の粘膜にも同様に炎症が起きることは
簡単に想像出来ることですが、
消化管自体には感覚受容器は無いようですね。
(食べたコメ粒を胃で一つ一つ感じたら笑いますね)
消化管周囲の膜には痛覚があるので、
胃潰瘍など局所的にひどく炎症を起こした時などは
痛みとして現れます。
胃腸全体が軽い炎症を起こしている場合、痛みとしては感じない、
が、その不快感を身体が感じていることはこれ、あると思います。

最近、花粉症にはヨーグルトの善玉菌が良い!
と、よく言われるようになりましたね。
うちの兄貴は「ヨーグルトが今までで一番効いた」なんて言っていますし、
とても科学的な事実だと思います。

花粉症の人、おなかにやさしいこと、しましょう!
ヨーグルトやビオフェルミン(菌)飲むことはもちろん、
他にもたくさんできること、あります。以下に例をあげてみますね。

・食物繊維を多く摂る、消化の良い物を食べる

・油っこい物、辛い物、カフェイン(体質による)、過食などを避ける

・炎症部を攻撃する酒は適量で

・きもちを楽にするもの、ことを積極的に行う
→(内臓は副交感神経支配、つまりリラックスしている時に働きます)

・睡眠のサイクルを正して、自律神経を正常に保つ

・運動により内臓の血流を上げる

・お風呂にしっかり入って身体をあっためて、
 内臓の血流を上げてあげる

などなど。


ちなみに僕個人の話ですが、

さいきんようやく不調の原因に気が付いたのです!

元々花粉症で、春はちょっと苦手なほうだったのですが、

そこに更に追い打ちをかけていたものを発見!

ズバリ、カフェイン。

カフェインでアレルギー症状が出るようになってから10年たちまずが、

コーヒーや、ウーロン、緑、紅などの茶、リポビタンなどの栄養ドリンク、

コーラ、風邪薬、花粉症の薬など、

飲むとノドが締め付けられて、頻脈(ドクドク)になり、
ひどい場合はめまいや、虚脱、完全にアレルギー、
ショック症状みたいなの出るんです。。。
(ノルアドレナリンが引き起こす「怖い」という感情を抑制する
 ホルモン、アデノシンの受容体が、カフェインで埋まるそうです。
 完全にヤバいドラッグですね。耐性の無い人にとって。。)

なので僕は、人生無駄にしてますね~
・ハワイ島では、世界一のコナコーヒー農園で働く友人を訪ね、
・台湾では路地裏で中国茶を楽しむ光景を目にし、
・インドネシアでは世界一希少な、
 コピ・ルアックコーヒー(ジャコウネコのふん)を購入し、
・スリランカでは名高いセイロンティーの名産地の風を吸い、
してきましたし、
・目黒駅には本社1Fのフラッグシップ店を含め、
 スタバが三件 、、、(笑)

コーヒーは飲めないけど大好きだった、、いや今でも好きですので、
変な話だけど、香りで癒されます。

勉強するときに、最近よくコーヒー屋さんに行きますが、
香りに包まれると安心します(笑)
頼むのはオレンジジュースとか、ハーブティー、、、
先日はカフェイン無しの商品が全く切れているとのことで、
「水」、たのみました。パンだけ購入して 

そうそう、最近さらに気が付いたことですが、
施術の合間にサっとカロリーを摂取したいと、
ここ二カ月くらい、「チョコレート」、食べてたんです。

すると心臓ドクドク、夜も眠れないし、
病気かな、やばいかな、、と思い悩んでいたんですが、

ほんの微量しかないと思っていたチョコレートのカフェイン、
同じ量接種した場合、
コーヒーよりチョコレートの方が多いことが判明!!! 
(USDA Food Composition Databases 等による)

液体と固体の差はありますが、10g(cc)でも十分にパンチあるんです。

チョコ、残念ながら、やめます(笑)

今年の春は、チョコで相当調子がわるかった反省から、
前半に書いた内臓に良いこと、実は全部やってます。

春にこんなに体調が良いのは、
「花粉症になる前の高校生の頃以来」です!!!
春を取り戻した感じです。
ひとつひとつ、正しい努力をすれば、やればできる!

チョコをやめたのは一番効きましたが、
ついでに酒も10日ほど抜いています。
毎年春は消化器官が荒れて、その鏡である皮膚も荒れるのですが、
なんだかいい感じです(元々、無駄に美肌ですが(笑))

やはり健康第一、ですね~ 



最近好きな曲 6月の歌だけど


オステオパシー施術院トリート










新宿登山

最近のオフは、
書類を眺めたり、パソコンの前に居ることが多いんです。

それ自体は充実して良いのですが、
元々からだを動かすことが好きなほうなので、
ちょっとしんどくなることがあります。

「身体を動かしたい。」というのは、
手技療法家としての仕事を選んだ理由のひとつでもありますし、
不遇だった鎌倉、大阪勤務時代のデスクワークのトラウマも?(笑)。


パソコン作業が続くそんなある日、、、

バン! と両手のひらでキーボードをたたき立ち上がり!

「山にでも登ろう!」と思い立つ。

高尾山でもいくか、、、いや、ちょっとそんな時間はないか。。


そこでひらめいたのが、

「新宿の高層ビルを階段で登ったら、それなりの達成感があるのでは?」
でした。

IMG_4961.jpg
じゃーん! 新宿の住友三角ビル。

新宿に向かいながらちょっとネットで調べると、
最も高い都庁は階段立ち入り禁止らしい。
無理やり行くわけにはいかないし。
こちら住友ビルは52階、相手にとって不足なし

非常階段を探すが、表示がない。
そうか、一般の人を導く必要なんてないからね。
警備員に場所を聞くと、中止させられる可能性もあるので、、
あやしい人となりながらも隅のほうをくまなく探し、
何の表示も無いドアをガチャっ。 階段を発見! いざ。

IMG_4958.jpg
しっかしねえ、、、 殺風景だなあ、、、

暗く、古めかしい、窓の無い階段がづづく、、、

階段を一周すると、
風景は変わらないのに階を表す数字だけがひとつづつ増えてゆく、、、

8、15、21、、、 うんうん、身体もあったまってきたけど、あれ??

すごくつまんない!!!


そして、閉鎖的な空間で、、、

つい数日前に見た311関係の映像を思い出す。

新宿のビル群がゆら~っと揺れていた。。。

こ、、、怖い!(笑)

そういえばオイラ高いとこ苦手だった。

克服しようと4300mからスカイダイビングしたことあるけど、

今でも飛行機のると毎回冷や汗でるし、やっぱ怖いものは怖い、、

暗くて狭いとこ、高いとこ、地震、、、、キャ~!! (笑)

修行です。まるで。

IMG_4959.jpg
一般の人が入れるギリの階まで来ました。ここがゴール。

IMG_4952.jpg
奥、左寄りが今日登った山です。

新宿登山企画、

「身体を動かしてすっきりしたい人」におすすめしたかったのですが、

無しですね。無し。 すっきりしないです!!(笑)

やっぱ見晴らしのいいとこいかなくてはですね。勉強になりました。


運動としても、恐怖でアドレナリンが出ていたのか、
僕にとっては、まったくもの足りなかったです。

登りたい時は本物の山行きましょう、
身体動かしてすっきりするなら海でもいいし、
ジョギングでもグループワークでもいい。
ビルの非常階段は、、、無いっす。(ビル好きの人はどうぞ)


あれれ報告おしまい

0316追記:
52階まで行くと展望デッキに出られるそうで、(エレベータ経由)
高いとこ好きな人はどうぞ。僕はけっこうです。

オステオパシー施術院トリート




あたらしい季節

目黒駅界隈、

昨年、
象徴的だった店の前の歩道橋や、商店街のアーケードが無くなったり、
もうすぐ、
東急バスの操車場だったところに大きなビルが建ったり、
アトレの一部がニトリになったり(中目黒に有るから、いらないナ、、、)
色々変化がありますね。
界隈の有力者?達が動き出しているという話を聞きました。

まあ、僕の店はあいかわらずです。たいてい何が起こっても。

今、ホームページを作り直していますが(なかなか進みません(笑))、
地図などを見直すと、
7年半前にあったお店などは、本当に変わっていますね。
周辺の整体院、僕はライバルとかいう意識は全く考えないのですが、
開業当時は、
「この人達よりも良いものを提供出来れば、とりあえずやっていける」
と思って色々チェックしました。

個人でやっている整体院は、
残念ながらほとんどが無くなってしまいました。

「整体院を個人で開業して、5年後に残っているのは15%」
だなんて話を聞きました。なかなか厳しいんですね。
当たり前のことを誠実にやってゆけばいいと思うのですが、
僕はその「当たり前」の基準が、なかなか良かったのか、
厳しくも真っ当に導いてくれた家族や先輩達、仲間たち、
反面教師として僕にインパクトを与えてくれたすべてに感謝。
おかげ様で、「営業努力」をしたことは一度もありません。
やりたいことをやりたいように、
自分の基準で善かれと思っていることをまじめにやっているだけです。

さて
春は仕事面、学び面、
新しいチャレンジなどで、色々忙しくなりそうです。
詳細は追って。

今年は色々とこだわりを捨てて、新しいチャレンジをしたいと思います。
先輩方や、逆に若い人達との出会いや、感じる尊敬、
自分自身の古い守りに入った部分など、、、昨年は学び多い年でした。

こだわりを捨てる、、、

深いところは恥ずかしくてあんまり書けないですが、

とりあえず、
「この道でやってゆくために、手を骨折したりしないよう封印」していた
スノーボードに行ってきました。10年ぶり(オステ学生時から)。 

IMG_4903.jpg
腕前はごらんのとおり(笑)

雪山で凍死したゴキ〇リではないです。

実は「受け身完璧」画像なんです
腕と背中で円をつくり、「縦の衝撃」を「円運動」に変えて吸収。
そして板が雪面にひっかかると足首か膝をやるので、
宙に浮かせています。

・・・・言い訳です(笑)


オステオパシー施術院トリート



ブランニューHP! 、、、に向けて

あたらしいこと、することは良いことですね。

トリートのホームページは開院時に僕が作ったものです。
パソコン作業は本当は大嫌いなのですが、
必要に迫られたことと、開院直後に暇だったので(笑)がんばりました。

そんなページも、つまり7年半くらいの年月を経て、
ちょっと古い感じになってきました。
ご予約フォームも壊れたまんま、、。
そして自分の写真が若い(笑)

実は必要に迫られながらも、相当大変な作業なので、
しばらく放置していましたが、
昨年頃から少しづつ準備をはじめています。

今回はちょっと、写真を良くしようかと思っています。
前のHPにもアウトドアのプロの友達らの
写真をたくさん使わせてもらいましたが。

まずは自分で撮れる範囲で色々撮る為に、
映像で食っている友人から、一眼レフを借りて練習しています。

腕は、、、無いですね。初一眼レフ。
でも、ほんと初歩的な話ですが、
ピントのぼかしとか、光を集める能力?とか、
凄いんです。


写真、ハミ出るほどのサイズで失礼します。

treat usagi 2
アイフォンSE(シリーズ中まあまあのカメラ)で撮影。

treat usagi
一眼レフでの撮影。
違いは歴然~♡  (クリックで拡大できます。)

gonnosuke 0201
暗いところの写真も鮮明~☆


楽しくなってきました。
新ホームページデビューはまだまだ先ですが、
よろしくおねがいします~。


オステオパシー施術院トリート




2017 年頭

明けましておめでとうございます。
お正月は好天に恵まれましたね!

2017年がはじまりましたね~。

この数字の字面が、なんかとっても未来感を感じます

ミレニアムなんて言ってた頃から17ねん経っちゃったんですね(笑)

いやいや、後ろをむいちゃいけませんね、

前を向いて。追いかけられるのではなく、追いかけて行きたいです。

人間は、
過去より未来を考えている時の方が脳の活性は高まるそうですし。
エンジンかけて行きましょう。

さあ、今年一年。
みんなで良い年にしましょう 


オステオパシー施術院トリート


IMG_4685.jpg

IMG_4679.jpg
増上寺

無理なストレッチブームとピラティス氏の鼻息

週末だけで二人のクライアントに聞かれたんです。

「あのー、今テレビですごくやってる、
ベタっと開脚できるようさせるアノ人の話、どう思いますか?」

それに対してお答えした内容をこちらのブログに書いておこうと思います。

まずこちらのブームの内容ですが、
関節の固かった人が、メソッド通りにストレッチを4週間続けたら、
あら不思議、開脚をした状態で体が前側に着くぐらい柔らかくなる、、、
とかいうような内容です。
実は僕はあまり内容をチェックしていませんが。
テレビほとんど見ないので。

数か月前に電車内でこの方の広告を見た時には
声を出して笑っちゃったのですが、(失礼、、)
日本てすごいですね。
広告代理店を介して売り込みのプロジェクト作ると
内容はどうであれブームになるんですね。

「ああ、またか」、の、健康妄信暴走商売シリーズですね。
「ライザッ〇」や、「頭蓋骨の関節を押して小顔」などのアレです。
そしてこの危険度は、なかなかのレベル3です!。(数字は適当(笑))

虚と実を混同させられている内に走らされて、
気づいたらお金と時間を吸い取られて健康を害する可能性が。
今回はお金は直接吸われることはあまり無さそうですが。

たとえば先ほど挙げた例の前半のやつは
虚:不健康に痩せるのではなく、最高の筋トレ法で美しく健康に痩せる。
実:高い金額や、話題(みんなやってる感)に背中を押してもらって、
  とにかく糖質制限ダイエットを頑張る。
  
後半のやつは
虚:芸能人、モデルのような顔に近づける。本当の自分の美を得る。
実:コンプレックスや不安を、本来愛すべき自分の顔の形状に置き換え、
   催眠術をかけてもらう。

前半やつのリスクは、まず糖質制限のカリスマが、
危険性を指摘されていた死因で2月に急死したり、
免疫低下時の、不可逆性の重篤な疾病への罹患(がんなど)、
靭帯の損傷や借金など、色々あると思います。
後半のやつのリスクは、長期的な自律神経の失調や、
自分の容姿に対する更なる不安や依存などが考えられます。

では今回のやつですが、
5キロ瘦せるとか(笑)、腰痛がなくなるとか(これは可能性あり。)。
これ、テキトーにやってみて続けるぶんには良いと思います。
ストレッチは血液循環を促して、
筋肉関節を正常に(反対側の反るのもやるべき)してくれますし、
寝る前にやれば睡眠の質も上がり、トータルで良い事多いと思います。
9割以上の人が、まあテキトーにやるので問題無いと思うのですが、
問題は、本気でベターっと付くくらいやってしまう、まじめな方。
もし元々、関節(靭帯)が固く生まれた方が、
柔らかく生まれた人と同じように、しかも短期間でやってしまった場合、
骨と骨を結んでくれている靭帯は、
「パンツのヒモが伸びてしまった状態」
になってしまいます。
う~ん、この表現だと、現代パンツのゴムが進化して、
ビローンとなった経験の無い若い人には通じないか?
要は張力を失い、伸ばされた後に元に戻らない、
ユルユルの靭帯になってしまうのですね。
元々靭帯が支えていた関節は安定性を失い、
その安定性を補う為に、常に筋肉が緊張し守ろうとします。
結果、ガチガチの関節になり、痛み、コリが発生します。
また、想定外の関節可動(可動亢進状態)において、
靭帯や筋肉がパニック的防衛反射を起こして、
鋭い痛みに襲われることがあります。
関節自体の変形もいわずもがな。

そして一番やっかいなのは、
このようにビローンと伸びてしまった靭帯は、
「元にもどらない」ことですね。
整形外科のお医者さん達は口を揃えてそう言います。
程度により、元の張力は数か月以上の時間を持って、
わずかに治ってゆくケースがあるとは思いますが。

元々固い人は、それでいいんです! 個性を愛してあげてください。
靭帯固い人は、タフな人が多い、、、気がしますし。前向きに是非。
年末年始は「何かを変えよう」とか、チャレンジ心が湧いてきて、
これ、ジャストフィットな人多いと思いますが、是非慎重なご検討を。

残酷なことを言うと、
もしこれが危険なことだと社会が認知しはじめても、
規制が入るのは早くて3年以上はかかります。
「頭骸骨で小顔」、の場合、
「行政による措置命令」が下ったのは、
僕が認識してから5年くらい経った後でした。

自分で考えなければならないのですが、
通常の人には危険性なんてわかりませんよね、、、
困ったものです。
本来消費者の為に情報を提供すべきマスコミ自体がやってるんだから。

カリスマご本人も、危険性については認識無く、悪意も無いんでしょうが、
医師達は危惧していても、声が届けられないのでしょうね。


そこで、有名なピラティスを開発したジョセフ・H・ピラティス先生の、
著作「YOUR HEARTH」からのお言葉を紹介したいと思います。

pilat.jpg


・(テレビや)ラジオや本でよく見かける誤った情報は、
 ほとんど犯罪的と思える

・そうした急進的な理論を信じた結果、
 莫大な金の他、もっと深刻な事態になる

・(医者や科学者達が本当に健康に良い事に対して、)
 公平に(議論)検討することに 時間をあてるよう運動を始めるべき

※()内は、私が前後の文脈から文字を入れています。


1934年の著作ですが、
今現代、隣で同じことを叫んでいるような気がします。。。

80年後の健康意識が今だ、こんなだなんて、、、。


こちらの本、彼の生涯の著作全て(2冊)を合わせて翻訳された
「コントロロジー」という本になっています。
時代背景が垣間見れて、ちょっと難しい部分もありますが、
健康関係の方には読み物としても面白いです。
彼の天才ぶりに唸るのですが、
現状を変えなきゃというガンコオヤジの情熱パワーもすごいんです。

私自身がそのように社会を変化させなきゃと思っているかというと、
以前は別ですが、今はそうでもないです。
自分が出来ることを着実に、黙々と、
崔の角のように進むだけです 



オステオパシー施術院トリート




ジャパンライム オステオパシーセミナー

今年の秋はセミナー続き。二か月の間に四回。これで最後です。

ず~っと昔、神田のスキー街で働いていたころ通勤していた御茶ノ水へ。

o0480064113819090999[1]
ジャパンライムセミナー
オステオパシーの施術「頸椎へのアプローチ」

今回は複数講師によるセミナー。
昔からの友人でもある先生、それと頼れる姉御との三人ファミリー態勢。
たぶんこの雰囲気は他のセミナーじゃ出せないと思いますよ。

主催者からも好評をいただいたので、
来年は回数を増やしてシリーズ化してゆくかもしれません。

僕は自分のお店の経営がメインですが、
同じ目線の仲間達と切磋琢磨出来る環境があるので、
大変恵まれています。

施術家としての道、1人で気軽にやるだけではなく、
厳しいけどやさしい、心地よい関係の仲間達、本当に力になっています。


オステオパシー施術院トリート







選挙

アメリカの大統領選挙戦は話題になりましたね。

今年の初め頃から、かなり関心がある事柄でした。

僕の意見で行くと、ヒラリーかアイツかで言ったら、

正直わかりません!

ヒラリーの継続する「金持ち達の為の世界」をこれ以上続けていたら、
色々な意味で地球はもちません。。。

やっぱり、候補選に落ちちゃったけど、今更だけど、
バーニーサンダースに票を入れるアメリカ人がもっと多かったら、と。
彼は未来志向で、民の為の政治システムを構想していた。
彼がアメリカの代表に選ばれたら世界が変わるきっかけとなり得た。
彼に投票したのは主に若い知識層(一般常識あるひとの意味で)だけ。
かの国の知識層の割合って、、いや、やめとく。

こんな気分です↓
IMG_4669.jpg
※「the other 98%」より  

アイツが選ばれた事に悲観する子羊 「神よ、救いたまへ」
神 「バーニーを遣わしたのに、お前らのことなんてしらねえよ」

まあ、政策もポリシーも無いのに与党に担がれて出馬しただけの、
元アイドルとかスポーツ選手に投票する人が居るような選挙よりは、
よっぽどマシな選挙でした。

最近、テレビをほとんど見なくなりました。
「世の中は世の中、自分は自分」 足元を見て生きていたいです。

※(ちなみに98%とは、世界の富の半分を占有し、
マネーゲームして世界を動かしている人達以外の人口の割合のこと。
つまり僕達のこと。自覚しようという意味。




オステオパシー施術院トリート


ついでに京都、大阪、奈良観光 2

再び京都でセミナーを開催。
我ながら会心の出来?気分良くまた翌日は観光に出かけます。

izumonookuni.jpg
四条大橋で踊る出雲阿国(いずものおくに)像。
歌舞伎の元祖は女性だった。
京都は歴史的なエピソード、鼻血がでるほど濃いですね。

kyoto2.jpg
出来るだけ混雑は避けたいので、朝六時から出発。
早朝の京都を満喫出来ました。

kiyomizu.jpg
京都の11月中旬、シーズンは紅葉です! 
清水寺。今年の漢字が募集されていました。

inari.jpg
外国人に国内連続人気NO1、伏見稲荷。
全国のお稲荷さんの総社だそうです。
下の方は人込みにあふれていましたが、それなりの山になっているので
上の方までゆくとかなり空いていていましたよ。

toudaiji1.jpg
奈良、東大寺の南大門
羅生門みたい。ちょっとくたびれた感がすごく良いですね。

奈良は京都より人が少なく、寺の敷地の広さも感じられて好きです。
一番好きな仏像である阿修羅像も拝観しました。

toudaiji2.jpg
東大寺南大門の仁王様

この仏像を見た後に、地元高尾山の仁王を見て
がっかりした子供時代を思い出しました。

toudaiji3.jpg
東大寺大仏殿

中学の修学旅行で一番印象が残っているのが東大寺です。
その巨大さに圧倒されました。
約30年ぶりに来れたのですが、その当時さながら、しっかり感動しました!
世界最大の木造建築物。

建立は西暦750年くらいの奈良時代。
その直前が飛鳥時代、古墳時代(含む卑弥呼)の時代、
さらにさかのぼると弥生時代、縄文、旧石器時代、、、
結構昔です!! 

何度か火事に逢い、現存するものは300年くらい前のものだそうですが、
クレーンの無い時代にこれをやってしまうって、ご先祖様達、すごい!
1300年前ということは、、、
ほとんどの日本人と直接血がつながっているご先祖が、
この工事に従事しているはずです。
なんか誇らしいですね 


オステオパシー施術院トリート


続きを読む

ついでに京都、大阪、奈良観光 1

京都で開催したセミナーの帰りに、関西観光してきました。


一回目はサラリーマン時代に二年間住んだ思い出の大阪。

shinnsekai.jpg
セミナー終わりから直行したのは新世界。会社が近くにあったのです。

smartball.jpg
新世界名物?スマートボール。 
期待してないのにフィーバーして戸惑いました(笑)

名物はこの遊びというわけではなく、ノスタルジックな雰囲気を持つ
このエリア全般のことなのです。
ただし最近はカップルだらけ。
僕が住んでいた15年前は、、、友人談なのですが、
「彼女と歩いていただけでいきなり殴られた」
なんてエピソードが不自然ではない場所だったのです。
エリア的に安宿も多く(1500円とか)、今や海外からの宿泊者だらけ。
ずいぶん変わったのは残念な気もしますが、
良い変化なことは間違いないですね。

tenjin.jpg

tenjin2.jpg
大阪在住時に気になっていたけど、
精神的余裕が無く、行けなかった場所に。

萩原天神に向かう萩原(笑)。 
「はぎわら」ではなく「はぎはら」なのが残念。

神主さんと話したら、たまに関東から萩原さん達が来るみたいです。
みんな、「来なければいけない気がして」だそうです(笑)

萩原家の家族にもそれぞれ、名前の入った健康お守りを購入しました。

evisbridge.jpg
帰りの便までの束の間、よく飲みに行っていた道頓堀へ。
ハロウィンの群れに揉まれるの図。


オステオパシー施術院トリート






アトラス・オステオパシー学院 京都講習会

京都にオステオパシーテクニックの講習会をしに行ってきました。

rakucyuu.jpg

rakucyuuu.jpg
青い服が僕です。 小さい画像失礼します!

一昨年にも一度行きましたが、今回は10月、11月と連続です。

kyoto1.jpg
我がアトラスオステオパシー学院の学長であり、
日本在住唯一のドクターオブオステオパシー(アメリカの医師)、
森田先生と京都に向かいます。

ご本人は難病を抱えられているのですが、
写真のようにおちゃめなおじさまです(笑)
色々なことを教えてもらっています。

講習会の写真は上の二枚しか無いのですが、、、(笑) 
二回共に参加者の方々には好評頂きました。
もう10年近く、人前で話すことをさせてもらっていて、
だんだん話し方がうまくなってきました。
以前は大人数を前にすると
すごく緊張するシャイガイだった(はず)ですが、、、
慣れってすごいですね。

関西方面、京都や近県の参加者の方々に
オステオパシーの成果を共有できることはとてもうれしい事です。
接骨院や手技療法に携わる方々に講習でお伝えしたことにより、
僕は会う機会もない遠方にお住まいのそれを待つ方々が
少しでも自己実現できるよう、
健康でいられるお手伝いが出来ていたら、
こんな喜びはなかなか無いです。

日々精進ですね 



オステオパシー施術院トリート


スリランカ テキトー巡礼


仏教徒が7割を超える輝きの国、スリランカへ
(ブログにあるまじき長文です。お時間のある方は覚悟してどうぞ(笑))

sri 1
下手なくせに懲りずに波乗りばかりしてるので、
たまには純粋に旅でもしてみようかと。
小学生の頃から完全なる無神論者を宣言してきた私ですが、
登録上は仏教徒のはしくれ。幼稚園も仏教系だったし、、、
(仏像とか絵とか教えとかすごく好きだった)。

そして、尊敬する海外出身の友人に
「日本人にとっての宗教(神道&仏教)は行動様式に残っている!。」
と言われた言葉が頭の中で大きくなってきた最近。。。

自分の中のインナーブッディスト(仏教徒)を見つめてみよう!
板持っていかず、旅メイン!と、思いつつも、波もかなり良さそうだし、、
移動大変だけどマイボードもってきました


sri 2
アルガンベイへ 1

季節は西海岸のヒッカドゥアか東のアルガンベイ、
どちらがベストか微妙でしたが、
風向きサイトの直前のチェックで東海岸のアルガンベイに決定。

電車が無いエリアなので、
タクシーなら10時間、それ以外は丸一日覚悟とのことだったので、
行きは時間を節約してタクシーに。

思ってた金額より高かったので、空港でシェアしてくれる観光客を探す。
空港の係に怒られながらも頑張るがなかなか居ない。
「ARUGUM BAY」とマジックで書いたボード(自前)を
1時間半経ってからしまった。いきなり何をやっとるんだワタクシ(笑)。

インターネット時代。みんなちゃんと予約してるのですね、、、。
フリーの人が居ない、、。
僕1人で高くなるけど、2割引きで交渉決定。いざ出発。

スリランカ横断、直線で200キロ。
昼からのドライブだったので、
通り過ぎる街並みがつぶさに見れて、とても楽しかったです。


sri 3
アルガンベイへ 2

運転手のサンカー君。来年結婚を控えた好青年。
西にある空港から東海岸まで10時間僕を運んで、
そのまま朝まで運転して帰ります☆ 25歳、、。

仏教徒しか入れないロコなカレー屋に連れて行ってもらいました
(僕がブディスト(仏教徒)だと言うと喜んでくれた。)。
ライスに色々なカレー味がついた具を乗せ、
手で混ぜて食べるのですが、衝撃的なおいしさでした。
辛いだけじゃなくて、スパイス口内爆発! 脳までしびれる旨さ。
かなり衝撃をうけて、
このあと10食くらいまではスリランカンカレーで攻めました、、、
OPP(おなかピーピー)になるまで。。。

二人分の店内フルコース満腹&デザート
&水2L補給でコミコミ450円くらいでした。物価はかなり安い。

10時間の移動中面白かった事として、
外国人と1人もすれ違いませんでした。
通り過ぎる街中にごった返す人たち、車に乗った人達、
みなスリランカ人、、、。
僕のような東アジア人、ヨーロッパ系、とことん居ない!!
こんな国は初めて。


sri 4
アルガンベイへ 3

自然保護区を抜けて走っていると渋滞が、、
野生のゾウさん。みんなフルーツをあげている。

僕もはしゃいで近づく。
運転手のサンカー君は「気をつけて」と何回かいってくれたが、
気をつけるべきものがゾウさんよりも境界の電線のことだったみたい。


sri 5
アルガンベイへ 4

後ろの湖と平原を見て欲しいです。

スリランカの何が凄いって、平原が凄い!
サファリと呼ばれ、水牛や野生のゾウやワニ、
クジャク、カラフルなトカゲなんかが居ます。


sri 6
アルガンベイへ 5

サンカー君が持っている野球の球みたいなのは
ウッドアップルというフルーツ。初めて見ました!
ドリアンとか臭いの大好きだけど、正直これは酸っぱいわ腐敗臭強く、
奥底にある旨さまではたどり着け(気付け)ませんでした。
後で飲んだミルク&黒糖で作ったジュースは
イチゴのような酸味がでとても美味しかったです。

奥の看板に書いてあるのは絵ではなくシンハラ語。
まったくわかりません。「果物特売」みたいな感じでしょうか?。


sri 7
アルガンベイ 1

日本を出て33時間後、ようやく波チェック♡
初めての場所。知り合いゼロ。
しかしながら朝日として迎えた太陽はいつもの太陽でした。


sri 8
アルガンベイ 2 (サーファー向け内容)

インド洋から入る南からのウネリが岬からレギュラーにブレイクする
アルガンベイ・メインポイント。
(他の全てのポイントも、東海岸側はライトブレイクのみ。)

条件が良ければフェイスの張った状態で200メーターくらい乗れそう。

見た目よりもパワーがあって、一旦乗ったら天国!

高速で順序よく盛り上がる波はアドレナリン量が凄いです。
そして、終わったかなー?と思ってダラダラ繋いでると、
あれあれ〜?てくらいまたモリモリ、、、ビューン!
結構し烈な波の取り合いがあるけど、
なんとか5本くらい良いのが乗れた。

写真は風の入っちゃった夕方ですが、滞在中朝だけオフで、
とにかく良かったです。当てたと言えるとおもいます♡
波乗りする人ってねー、アホですね。
丸一日かけての移動で疲れても、
孤独でも、良い波に一本でも乗れると全てクリア出来てしてしまう。

あー、なんとかかんとか、来てよかった(^_^) な初日です。


sri 9
アルガンベイ 3 (サーファー向け内容)

メインポイントはとても良い!
ウネリの向きとコンスタントさ、地形、
ここまできれいな条件が整った場所はそう無いと思います。

しかーし!良くない部分もしっかり書きたいと思います。

本当にこれは良くない!
「乗ってしまえばずーと続く」ということは、、、
良いセットが来たら先頭で捕まえた人以降に待ってた人達は
ぜんぜん乗れません。かなりのストレス!
ファンボードやロングももちろんウネリから乗ってくる。

クソー!みたいな表情をみんな結構してて笑いました。
僕もたくさんしてしまいました(笑)

つまり本気でいいセット捕まえるなら先頭で待つしかないんだけど、
この場所がみんな上手い!プロかよ?ってのがたくさん。
1人目に話しかけたら、普段はGランドに住んでると、、、
はいもう結構です、聞きたくない(笑)

セッション中、明らかに一本も乗ってない人が半数は居ましたね、、、。

カレントは常に、波の進行方向に向かって強く流れてるので、
先頭を維持するのも大変、、
強者以外みんな一本乗るor流されたらいったん陸にあがって、
岬の先頭まで歩きポチャンと先頭に入ります。

そうそう、砂は波打際だけしかなく、すぐリーフなので、
大抵の人にとってブーツあったほうがいいです。

メインでは5ラウンドしかしなかったですが、感想として、
波としてはスペシャルですが、サーフスポットとしては、
ここまで人が多くなってしまった現状ではスペシャルとは言えません。
さらに7、8月はこの倍になる。

種子島に住んでいる僕の先輩のように、
20年前に来ておくべき場所でしたね。
特にスリランカはヨーロッパからのサーファーに大ブームだそうなので。

ロコに聞くと、昔はオージーと日本人だけだったそうです。遅かった、。

写真は全てメインポイントですが、
アルガンベイに来ている人達の半数以上は、
メインを外してトゥクトゥクに乗って色々なポイントにバラけます。

僕も二回だけ他のポイント行きましたが、和気あいあい、
初心者の人も多くてガツガツしてないので、会話を楽しめました。
中東、イスラエル、ヨーロピアンが多い感じ。
日本人は3人しか会えなくてビックリ。来てる観光客の1%くらい?。

今はアルガンベイはシーズンオフに入る所だから、
きっと計画性のある日本人はプランニングしてないのですね。


sri 10
アルガンベイ 4

初回が衝撃的に美味しかったので、とにかく前半はカレーばかり!
どこもスパイスしっかりでウマイ!


sri 11
アルガンベイ 5

飛び込みで見つけた宿、1500円くらい。底値は700円くらい。
お湯は出ないし、トイレの流れは悪いが全く想定内。
ゲッコー(ヤモリ)はご愛敬。


12.jpg
アルガンベイ 6

トゥクトゥクにのって隣町の奥地をおさんぽ。
急にガイジンが珍しくなるらしく、みんなジロジロ見る。
こちらがニッコリするとほぼ100%ニッコリ返してくれる。
スリランカン、人が良いんです。

特にコドモ達は手を振るだけでテンションMAX! 
ギャー!とか言ってみんな手を振ってくれる。 
こんなおじさんに(笑)。かわいいんです!。

学校の壁になにやら書いてある。
地球環境を大事に&勉強しっかりして立派になろう、、、
てな調子でしょうか?


13.jpg
アルガンベイ 7

カレーブームの終焉

隣町のローカル色ゴリゴリの、冷房も無い、
人の顔がわからないような真っ暗な店の奥へ単身突入!。
ロコスタイル、素手でカレーを喰らう!。

しかし、、うひ、冗談のような辛さ!
しかし日本男児として残すわけにはいかない!。
暗い店内でみんながガイジンに注目しているのがわかる。
カラい、というか痛い。
たまらず普段絶対飲まないファンタ系の甘さで流し込む。
ピザやサンドイッチの店に群がる観光客を、
「なんでスリランカに来てまで、、」
と軽く見ていたのですが、気持ちを理解しました(笑) 


14.jpg
アルガンベイ 8

僕は南の島に行くと、
体調管理もあり、消化の良くて安い地産のフルーツを大量に食べます。

スイカ、パパイヤ、アボカド、モンキーバナナ、マンダリン。 
ココナツも沢山。 産地。流通距離が短いこれらは驚くほど安いんです。


15.jpg
アルガンベイ 9

こいつ、このナリですごいすばしこいんです。
トカゲ系は種類も数もすごい。
田舎では僕の嫌いな黒い虫を見なかったけど、こいつらのおかげ?


sri 16
アルガンベイ 10

南国リゾートまるだし。景色はとてもいい。
ただし、2004年のスマトラ沖地震の津波によって
甚大な被害を受けたこの周辺は政府主導で、
もともとの住民は移動させ、観光に特化した施設をのみを集めた。 
アルガンベイには民家がない。街に奥行きがない。
ミーハーな観光客が多い。
違和感を感じていたけど、この話を聞いた時に納得しました。


sri 17
アルガンベイ 11

先輩の友人、オージーのホーキーのショップ。
残念ながら彼は三年前に母国に帰ってしまっていました。 


sri 18
アルガンベイ 12

話すようになったマリコさん。
彼女はヨガの先生をしていて、トリートメントもしてる人。
世界中に先生が居たり、
移住先を探してアルガンには3週間くらい居るみたい。
脱力、メローな感じ。

彼女が開いた道に乗り、地元の友達が一気に増えました。 感謝!


sri 19
アルガンベイ 13

仲良くなったキラ。

アルガンからちょっと奥まった田舎で育ったローカルです。
お母さんは伝統的なアーユルヴェーダ医院を
地元の人相手にやっている本物。手作りオイルを作ったりしてるって、、
施術受ければ良かったけど日程を急いでしまいました。。
今回唯一の後悔。

彼は、「街は汚れている(アルガンのこと)、金のことばかりだ。」
だなんていいます。一緒に海に行くと、
「風と空を感じよう!最高だね」なんてことをずっと言っている。
僕から言わせると、こんな田舎で育ったのに、
街ではなくて自然に傾倒するだなんて、変わってるな~と思いました。
面白い。

スリランカンはボブマーレー信者が異常に多いです。
共にコーカソイド系(アーリア人、ヨーロッパ人)ミックスの骨格&
褐色の肌という共通点で風貌が似ている人を多く見かけました。


sri 20
アンパラへ移動

アルガンベイには5日だけ、さて、向かいます遺跡と仏教の聖地。

トゥクトゥクで50キロほど離れた場所まで移動、
そこからバスで大きな街に行きます。
早朝5時発。運転者にふざけてトゥクトゥクの運転を代わってもらうけど、
バイク知らないオイラは運転できず。 
途中で急ブレーキ! 先にかなり大型のゾウさんが、、。 
超ビビる運転手。 そして動物恐怖症になっている日本人(笑)
よくある光景みたいだけど、
動物園で見るのとは違って、荘厳な歩みでした。


sri 21
聖地、キャンディーへ

バスで150km程移動。200~300円。とにかく安くて便利。

話には聞いていたけど、スリランカの運転は、運転というか暴走です。
サンカー君の運転でも、車線もないような細い道で二重追い越し、
同じ進行方向に三台並列した時に対向車が、、。
バスだって容赦ない。凸凹道で100キロオーバー、
対向車避ける為に急ハンドルで車体がロールする、、、。
たぶん運転手として、この域に達するまで
2、3回正面衝突してるんと思いますこの人達(笑)。

バスには料金徴収係のおじさんが居て、てきぱきと仕事をしてくれる。
他ではガイジンを見ると何かと金をむしり取ろうとする
スリランカンの商売人だけど、
バスでは基本ぼったくりみたいなことは無いみたいです。

キャンディーに着いた時にはエンジンルームの後ろに入れてもらった
サーフボードは真茶色のすすを被ってひどいことになっていました。


sri 22
キャンディー 1

6時間くらいバス移動。街についてほっと一息、、、いや。
正直キツイかも! 
排ガス規制の無い通りは呼吸が苦しいくらいの状態です!。
そして板持って歩いてるガイジンなんて
「カモです」と言っているようなもので、トゥクトゥクの運転手がしつこい、
無視すると肩をつかんでくる。 人が多くて板にぶつかるんじゃないかと
ナーバスに。(板はコツンでベコン、弱いんです)
地図を見ようと荷物を置くと物乞いの人が集まってきて
なんだか心苦しい、、、
どの街でも感覚で歩けばみつかるホテルも、
かなり歩いてもない。おかしい!

たまたま「国際観光案内」みたいなところを見つけた。
ホテルはレイクサイドに集中しているとのこと。なんとか助かった。 
2000円くらいの宿を二泊とる。 明日は板を置きぱなしにして観光へ。
板さえなければ全く苦労なんてない。 板を無事に移動させることは、
想像してはいたけど、やはり気を使いました。


sri 23
キャンディー 2

スリランカ第二の都市、キャンディーの町中にして、
カレー&ライスは持ち帰りなら100円くらい。
人の話によると、インドより物価は安いとか。

貨幣価値の差があるからしょうがないけど、
観光客相手のスリランカンは、ほぼ確実に、
少しでも搾り取ろうとあらゆる手を尽くしてきます。
これはしょうがない。
僕の泊まったホテルの従業員は、月給2万円ですって。

距離感が難しい。ぼったくれると思われ甘く見られるのは嫌だし、
かといって少しくらいは分配すべきかなんて考えも出てくる。
(貨幣価値の差は個人の問題ではなく、国家間の問題ですし)

基本、相場を想像し、強気で交渉
→あれこれつり上げようとしたら無視&背中を向ける
→サー!待って、それでよいと言われる。
→約束通りの金額で決済した優良な人にはチップをあげる
というルールを作る。

ちなみにキャンディーとコロンボのトゥクトゥクは、ぼぼ仁義無し。
観光客相手ではないスリランカンは最高にいい人なんですかどね~。

結局、深刻にぼったくられることは無かったです。
あとで意外なところでピンチになりますが、、。


sri 24
キャンディー 3

スリランカンの朝は早い。基本男が働き者、勤勉だと思う。 
女性の社会進出が遅れているとも言えるかも。


sri 25
シーギリヤ 1

キャンディから早朝のバスで、世界遺産のシーギリヤへ。
ユネスコがここを世界遺産に登録したことには全く興味が無いのだけど、
行ってみたかったんです。脱、波乗りだけ旅行。観光するぞ~!

またバス移動。2時間走って70円。またガイジン僕だけ。
仲間と認めてくれたお兄さんの写真。メガネのカドが痛い。

バスの扉は前後空いているので、
大きな停留所以外は飛び乗り&飛び降りが基本スタイルです。

帰りのバスは座れず、フル満員で2時間半立ちっぱなし。
僕のお尻の上でお姉さんが頭を載せて寝ていた(笑)。


sri 26
シーギリヤ 2

スリランカ一番の観光地、シーギリヤ。
世界中で起きてることかもしれないけど、半分が中国からの観光客。
久しぶりに東アジア人を沢山見れた。

土産物売りも大変で、昔「コンニチハ、アリガトー」言ってたのが、
今や「ピエンイン! ミンシンピエン!」とか言ってる。
その中でもするどい人がいて、
僕の顔を見るなり「アリガト!」と言葉を変えたりする。
僕はこれが不思議で、どうやって見分けるのか何人かに聞いたら、
表情や態度、服装ではなく、「顔」ですと。
うーん、、わかるもんですかね~?。


sri 27
シーギリヤ 3

広大な平原にドカンと鎮座する岩の塊。
ここに宮殿を立てた悲劇の王様がいたそうです。
あまり写真撮らなかったのですが、
興味のある方はネットにたくさん載ってますのでチェックしてください。
行って良かったですよ。


sri 28
シーギリヤ 4

頂上から

肌で感じたくて裸足に。
ツアーで来たらすぐ降りなきゃいけませんが、身軽な一人旅。
一時間半くらい、タイムトリップできるまでたたずみましたよ。


sri 29
シーギリヤ 5

でた! 体重計でお金とるやつ!。3、5円くらい?
かなり昔に読んだ本で衝撃を受けたけど、2016にもあるんですね。

この道はシーギリヤから地元の方向けの駐車場への道すがら。 
アイスキャンディーは35円。
10分前に歩いていた道の観光客用の出店では同じものが140円。
140円でもいいんですが、、、距離感難しい。


sri 30
仏歯寺(ぶっしじ)

巡礼クライマックス!!。
本日スリランカ最終日!!。

仏様(ブッタ)の右の犬歯が収められているとされる容器を
拝むこととができる場所。スリランカ最高の聖地。
キャンディーの街自体が世界遺産だけど、
その中核をなすお寺なのです!!!

プージャというお祈りは1日に3回、
そのお祈りの間だけ容器を拝めるというので、
一番早くて人の少ない朝5時30分からの回に行きます。
こちとら、毎日波乗りで5時前起きですし。

入場して仏様の歯が入った容器がある場所まで向かうのですが、
ディズニーの開演みたいにみんな走ります。
行列の先がつまると、そこから激しい奪い合いが始まります。
我先に押し分け、割り込み当たり前。
僕の後ろの青年が供物(お供えの米を入れた食器)で
絶えず僕の腰をグリグリやってくるから先に行かせました、、。
まあ、皆様の信心の深さから、やむを得ない行為なのでしょう、、。
トランス状態なのでしょう、、。

おかげさまで無事ご本尊に手を合わせることが出来ました。
そして例によって外国人は僕一人。
お経が繰り返されるお堂の中で、トリップ感に包まれました。

しかーし(笑)
このあと今回の旅で最大の事件が!!!。
混雑を抜け一息、空いているお堂で仏様に手を合わせ目をとじて拝ん
でいる最中、お坊さんが強めにツツいてきて(外人1人でいたから、
マナー違反で叩かれたと思った)、こっちこいと、、、お祈りを途中で
邪魔されたのは初めて。
みんなが正面から柵の外で拝んでるのに、横からちょろっと入って、
仏さんのすぐ横の近くから拝んでみろと、、、うかつにもちょっと嬉しく
なってジーンとなり手を合わせる。「え?、でもこんなのズルじゃんか。」
坊さんは仰々しく祭壇に置いた千ルピー札を見せ、
「ここで拝ませてやった人はみんなこうしてるんだ」、、、カネ置いてけと。
いや待てよ、、、周りに外人僕しかいないし、
この見せ金おいたのはこの坊さんだよね、、。
仕方なく適当な額の100ルピー札をわさわさ探していると、
僕の指の間で見え隠れする1000ルピー札(高額紙幣)を
「それだ!それだ!」と、怒りを前面に出して激しい剣幕でまくしたてる。
へえ、、、そうきたか、、、
「んノー!!」と、20ルピー「14円」だけ叩きつけて帰る。。。
いや帰らない!。仏様のこの弟子は生憎こんな感じかもしれないけど、
仏様は仏様なので、もう一度正面から祈り治す。
今度邪魔されたら動かない。
手を合わせたまま引きずられて放り出されてやろうと思った。
・・・つまり邪心、対抗心にすっかり飲み込まれてしまった。
この時点でご利益ないぞこれは!(笑)。

そして帰り、入場料は1000ルピーと、どの情報でも書いてあったし、
入る時確かに1000ルピー払った。
この金額に値上げしたのは最近のことだったみたいだし。

が、入り口の係が帰ろうとした僕に呼びかける。
「君のチケットは1500ルピーのやつだったよ。レシートみてみな、
そう書いてあるから。あと500払って!」
僕はあわてて、「え?1000ルピーと1500ルピーのチケットの違いは
あるんですか?」と聞き直す。と、周りの雰囲気が変わって、
入場時は優しかった係が僕を「物を見る目」で眺め黙りこむ。
まるで、「仏様の御前で、お金の話でとやかく言うな」とばかりに。
渋々出した500ルピーを受けとった手でシッシッとされて、、、
キャー!マジでショーーーック!!
さっきの坊さんの後でかなりキテたので、
こいつはレシート詐欺だと思ってしまった。
日本だったら納得いくまで話聞いてやる。
けど、ここはこないだまで宗教戦争やってた国だし、
もめてヤられてる場合じゃない、ここは彼らの国、
、、、わーた、わかった、引きますよ。帰ります。

6時過ぎに寺出た時は抜け殻(笑)

いやー、お金、気をつけてたんですが、
寺は油断しました。オイラ一応仏教徒だし。聖地だし!
内側からえぐられる感じでした(笑)

まあ、後で例の観光案内の人に聞いたら、
1500ルピーに値上げになっていたらしいのですが、、。
そして数か月後には2000ルピーになる予定とか?

このお寺を批判するつもりはありません。

残念ですが、これは僕のバックボーンによる思い込みと、
この国にフィットして信仰されている神とのギャップが生んだもので、
この場所では完全に有難いものであり、宗教としての役割を果たして
いるのだから、ガイジンの僕がどうこう言うのはスジ違いなんですよね。

なんだか、よくわかりました。
日本という風土で生きていることに、
心からありがたみを感じることが出来るようになりました。
帰国時羽田の明かりが見えた時、心からそう思ったのです。

まあ、日本にも小田無道みたいなのが多く居ますが(笑)


sri 31
コロンボ 1

キャンディーから電車で空港に近いコロンボへ。
自撮り写真です。鏡の中に僕が居ます。

電車は快適でした。やはり走行中も窓が開いていて、人が溢れて、
テレビで見るあんな感じです。

板は棚のみんなの荷物の上に置かせてもらいました。
日本だとあり得ないけど、目的の為に協力しあう現地の空気に
慣れた為か、自然とそうさせてもらいました。
バスと違って、電車には外国人がたくさん乗っていました。


sri 32
コロンボ 2

駅構内でショットガンを持つ警官。

自動小銃も見ました。


sri 33
コロンボ 3

板をコロンボフォート駅の荷物預けに頼んで(140円)、
バスに乗って西海岸を見に行きました。

道を聞いたスリランカンはこんな第一の都会でもやさしく、
丁寧に教えてくれました。本当に感謝していますし、
僕も日本で海外の方が困っていたら力になりたいと思いました。
(普段からやってますが)


sri 34
コロンボ 3

コロンボから空港へのバスを待つ一時間、
ベンチでずっと泣きじゃくる青年と、
背中をさすり続ける女性が目にはいりました。

咀嚼しきれない沢山の経験をさせてもらいました。
仏教都としての巡礼としては大失敗?(笑)でしたが、それも含め、
多くの考えさせられることや教えを頂きました。

ボホーマ、ストゥーティー! (ありがとう)


オステオパシー施術院トリート

















EVISBEATS!!

音楽って、とても僕にとって大事なものです。

だから、売れる為だけだったり、
仕事の手段としてその職業についた人達に対して、
とても敏感に反応してしまいます。

街の人は聞かない田舎のヤンキー風の男性多人数グループとか、
夜の風俗のファッションを取り入れた女性多人数グループとか、
オリジナルは無く、アレンジだけの人達とか、
それぞれの役割はあってしかるべきだと理解しますが、
音楽と言われると僕の中では否定してしまいます。

内側から湧き出てくる叫びや喜び。
聞いてほしい、一緒に共有しようよという姿勢。

今まで、随分音楽に助けられてきたと自負しているので、
いい音楽に出会うととてもうれしい気持ちになります

もちろん音楽は個人の趣向なので、
これは偏見とも言えるので以降、、、偏見なのですが、、(笑)

EVISBEATS、マジリスペクトです。
(となり駅の恵比寿ではなく、たぶん恵比寿様、えべっさんのエビス)


この人は自分でも歌うけど、この曲はトラックメーカーとしてなんですね。
色々な曲、歌っている人も色々なのですが、
良い音楽を僕らに届ける為ならこだわりなく自由に、
惜しみなくやっているかんじ。

曲を作る喜びにあふれているし、
ものすごく模索しているし、才能にもあふれている。
ここ数年の僕的ベストです。
聞いていると風に吹かれ、旅に出かけたくなる。

コラボしている名前を見ると相当な実績があり、
かつ、最高にホットなラッパーなのですが、
ご本人のブログを見て僕が惹かれた事に納得。
和歌山の田舎で無農薬で野菜作って生活してる。
「さわがにを取って食べたんだけど、
殺すのがかわいそうなのでもうやめる」とか言ったり、、、
とにかく人間的にも魅力的で面白い人です。

「八百万」という曲を聞くと、すごく頭のいい詩人だと感じるし、
「AGAIN」は最高にチル(脱力系?)だし。
「蛍」もさわやかで好き。

1214追記:
メールでですが、明星(添付したやつ)
を聴いてスリランカに行ったことをお伝えしたら、
羨ましいって言ってもらいました。 満願。


オステオパシー施術院トリート



☆ 母校八王子学園、甲子園出場決定 ☆

7月27日。

甲子園予選、西東京大会。 早実や創価という強豪を破り決勝戦です!

相手は何度も甲子園に出ている、

今大会第一シード(最強)の強豪、東海大菅生。

普段は講義に出勤する水曜日、この日は学校都合で休み、、、

なんたるタイミング!。同窓生と共に球場で見ます!!

IMG_3367.jpg


9年前?に創価と決勝の時も来ました。

しかしなんだか今年は盛り上がり方が全然違います!!

そこらのプロの試合よりも入ってるし、声量、音量がすごい☆

・・・が、

あまりの興奮により、試合中写真を全く撮りませんでした、、、失格。

結果は、、、延長の接戦の後見事勝利! 甲子園初出場、 

そして八王子市内の学校としても初の出場という快挙です☆

IMG_3377.jpg
本当にいい試合でした。

八王子学園の野球スタイルは「ありんこ軍団」。

みんなで一丸となって強豪をやっつける! そんな野球です。

本当にみんな頑張った! 投手も継投でよくつないだし、偉い!!

IMG_3382.jpg
居酒屋にて、その夜は同級生と号外を眺めながら宴会です~。

今年の夏は楽しみです。

難関の西東京大会を勝った学校なので、一回は校歌ききたいなぁ!!


オステオパシー施術院トリート


プロフィール

トリートTakezo

Author:トリートTakezo
目黒駅の近くで施術院を開院しています。

HP↓
オステオパシー施術院トリート
画面左下のカテゴリについて↓
オステオパシーについては力を入れて、
それ以外はのほほんと書いています。

男性
秋田県角館生まれ
東京育ち
海、山、人が好き 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード